エフビーピーエックス

巻き寿司:巻き寿司または巻き物

目次

寿司にはさまざまな形がある。 国際的に最もよく知られている寿司の形は、真ん中に中身があり、その周りにご飯がある象徴的なロール寿司だろう。日本では、様々な巻き寿司の総称を「巻き物」と呼んでいる。代表的な巻物の形状は、細巻き、中巻き、太巻きである。しかし、日本の伝統的な寿司屋では、ほとんど細巻きしかない(日本の美味しい寿司の大半は巻き物である)。 握り そして 軍艦 ダー)。

 

マキモノとは?

巻き物とは、さまざまな種類の巻き寿司の総称である。 

巻き寿司は、酢飯と具材を海苔で巻いて作る。 

海苔は、少なくとも現在では、巻き寿司の材料として最も重要なものです。現代的な解釈では、他のラッピングも知られています。巻きすと呼ばれる竹でできたマットで具材を巻きます。

巻き寿司は、18世紀後半に「棒寿司」から発展したとされている。海苔が作られるようになったのは、18世紀初頭の江戸(現在の東京)である(参考:https://makizushi-club.com/story/)。

巻き寿司には、まったく異なる食材が使われることもある。だから、巻き寿司の種類も多く、(日本から見て)海外では常に再発明されているのです。

巻き寿司のおいしい食べ方とは?

巻き寿司は、醤油をほとんどつけずに楽しむ。 

しょうゆ は、海苔とご飯のちょうど境目にあるはずです。巻き寿司が少し斜めになっていると、そこに醤油を置きやすいんです。巻き寿司は、箸で食べても、指で直接食べてもいい。 

ナイフやフォークなどの粗雑な道具は、寿司の味を邪魔したり、日本人の目を乱したりするので、絶対に使わないでください。

また、外国人が巻き寿司にガリを乗せるのは、日本人にとって非常に違和感があることを、この機会にお伝えしておきたい。の記事で詳しく紹介しています。 "マナーのすべて:お寿司の食べ方"。.

細巻き-「定番の巻き物」。

細巻きは、海苔を半枚使って作る。 

海苔のサイズは21センチ×19センチが標準です。海苔の上にご飯を乗せ、その上に1つ、多くても2つの具材を乗せて小さな巻き寿司の中心にするのです。

そして、中央を囲むようにシートを置き、しっかりとプレスする。そうすることで、均等に、ちょうどよい堅さで巻き上げることができるのです。細巻きは、海苔の葉を半分に切って使うことから、「細い巻き物」と訳されている。シートを半分にし、材料を少なくすることで、とても薄いロールケーキになります。

シンプルな味わいの細巻きは、寿司メニューの締めとして最適です。そして、細巻きはまさに「細巻き」なのだと、通は言う。日本では、まず味を楽しみ、その後に腹ごしらえをするのが一般的なスタイルです。

中巻とは?

中」は「真ん中」「真ん中」という意味です。 

細巻きと太巻きの中間の太さであることから、この名前がついたのだろう。

そのため、細巻では小さすぎ、太巻では大きすぎるお弁当箱の余白を埋めるのに、中巻は最適なのです。

中巻は細巻と同じように海苔を半枚使うのが一般的です。ただし、葉っぱを丸ごと使うことも可能です。通常、この中巻には2〜3種類の具材が使われる。

中巻の正確な起源は不明である。 

中巻は約60年前に弁当屋で生まれたという説がある。また、江戸では握り寿司や細巻きが好まれ、大阪周辺では太巻きや中巻きが好まれたとする資料もある(参照:https://www.sushiacademy.co.jp/archives/7056)。

フトマキって何?

太巻きは「厚い巻き物」という意味で、日本語の形容詞「太い」は「厚い」と訳される。 

太巻きは直径が5センチもあるので、かなり食べ応えがあります。太巻きは標準サイズの海苔を使用し、ご飯の他に通常4種類の具材を使用します。

太巻きは関西、つまり大阪近辺で好まれる。東京近郊の寿司屋では、太巻きはたまに見かけるが、細巻きは握りとともに主流である。日本ではどの地域でも、どの種類の寿司も広く知られているが、その好みは根強いものがある。甘くてしょっぱい太巻きは、大阪のもの。

また、関西には面白い風習がある。毎年2月3日の節分には、旧暦の冬の終わりに邪気を祓うというものだ。 

縁起を担いで、太巻きを食べる日。恵方巻きと呼ばれるものは、やや厚みがあり、しいたけなど普段は使わない食材を使ったものである(参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/)。 

元々は関西だけの風習だったが、1995年にセブン-イレブンが西日本で初めて「恵方巻き」を販売し、1998年からは全国で販売するようになった。そのため、この習慣は今では日本全国に知れ渡っている(参考:https://de.wikipedia.org/wiki/Setsubun#Ehmaki)。

ウラマキとは?

裏巻きは、実は日本出身ではありません。 

代表的なカリフォルニアロールは、1960年代にカリフォルニアの寿司屋で考案された(https://world-food.info/california-roll 参照)。

それ以来、さまざまな具材を使ったさまざまなウラマキが開発された。裏巻きはいつも目を楽しませてくれます。鮮やかな色と海苔の微妙な黒が美学を主張していますね。

ドイツ語で裏巻きとは、「内側が表になった」というような意味です。海苔がご飯の外側になく、完全に内側に巻き込まれていることから、このように呼ばれている。

特に海外では、「ウラ巻き」は本当に人気があります。しかし、世界中を旅する日本人や日本を訪れる外国人旅行者のおかげで、今では日本の寿司屋でもウラマキがメニューに載るようになった。しかし、品質と味を重視する日本の伝統的な寿司屋では、いまだに「ウラ巻き」に抵抗がある。ロールケーキは、単に本物として認識されていないだけです。

フェア弁当 2022年5月

日本では、シーンや目的に応じてさまざまな種類の弁当があります。2022年5月中旬に、私たちは

sansaro メニュー 2023

sansaroレストランでは、長年にわたり一貫したシェフ&キッチンスタッフであることを誇りにしています。