寿司の食べ方は?寿司のマナーについて

目次

寿司を食べることはポピュラーであり、特別な芸術のようには見えません。しかし、あなたが通であることを証明し、より快適に食事をし、さらに楽しみを増やすいくつかのコツが存在するのです。やはり日本はルールの国。知れば知るほど、日本らしいお寿司を楽しむことができます。

しかし、これには「いろいろなルールがある」と修飾しなければならない。もちろん、日本には千差万別のルールがあるわけではない。食に関しても、その地域のスタイルや店の質によってルールは異なる。だから、ある店では握り寿司(常に魚側!)に醤油をつけるのは冒涜的かもしれないし、別の店ではOKかもしれない。特にドイツの日本食レストランで、無知な野蛮人のような振る舞いをしないように、最高の概要をお伝えするように心がけています。

最も重要な基本ルールです。

  • 箸の扱いに注意
  • 寿司や刺身を醤油につけない
  • わさびの辛さを少しずつ意識して使う
  • 生姜はサラダを食べるようなものではありません
  • 芸術的に握られたお寿司の味に酔いしれてください。

お寿司は何をどう食べたらいいのか?

お寿司は指で食べていいんですか?

実際、素手で寿司を食べることは許されているだけでなく、完璧な味を得るための最良の方法であることが多いのです。 

これは、日本の高級寿司店ではよくあることで、日本の寿司職人が寿司を味わうときに何度も観察することができる。繊細で小さな一口を最も身近に味わうことができるのです。やはり、優雅なお寿司をそっと取って軽快に食べるには、指が最適な道具であることが多いのです。やはり、魚の下のおにぎりは丸太のように押し付けるのではなく、逆におにぎりのように空気を含んでふわっとしたものがいいんです。

もちろん、手が清潔であること、身だしなみが整っていること、適切な環境であることは言うまでもありません。そして、これは日本人が他のすべてのものを手で食べるという意味ではありません。日本の文化は、純潔と清潔を重んじ、(清潔な)箸を使う。

お箸でお寿司を食べるには?

揃いの箸で寿司を食べるのは、きれいな手で食べるのと同じくらい良いことで、寿司によっては一番良い場合もある。浦巻きや高級な寿司は、手で直接触るには全く適していないかもしれません。

しかし、優雅な箸の使い方には、いくつかのルールと日本の習慣の予備知識が必要です。 

箸は皿の横か、店によっては皿の下に置かれ、小さなベンチやナプキンの上に置かれることが多い。(ちなみに、本物の日本料理店かどうかは、お箸の置き方でもわかります)。

下側のロッドは親指の曲がった部分に、上側のロッドは人差し指と中指で可動式にガイドされます。 

箸で寿司をつぶさないように、できるだけ皿と平行になるように、そっと持ち上げるようにする。 

おいしいお寿司は、米粒の間に空気がたくさん入っているので、味が繊細になる反面、お寿司がもろくなってしまうのです。

箸でやってはいけないこと

はじめから大きな声で箸をこすり合わせない。これは、あなたが手にする箸が不良品であることを、誰にでも聞こえるように大きな音で知らせるものです。 

また、良い日本食レストランでは、必ず良い箸を使うべきです。理想的には、破片のない竹製のものであるべきです。だから、より良いレストランで箸を大きくぶつけ合うのは、侮辱であり、マナー違反でもある。

お箸を他の人に向けないようにお願いします。 

また、ご飯の中に箸を入れたままにしておくのは絶対にNG。また、日本人はしばしば、飢えてはいけない先祖のために、ご飯を一杯置く。

もし、ご飯や海藻サラダ、ほうれん草などの固まりを共通の皿やボウルから取る場合は、丁寧に箸を回転させ、口元に持っていかない広い方の端を持って自分の分を食べるようにします。 

同じ理由で、自分の食器に触れないように、箸で食べ物を渡さないようにしましょう。 

箸が不要な場合は、皿の横のマットの上に置いてください。 

お皿の上で隣り合わせに置くと、カトラリーと同じように「食べ終わったよ」「そろそろ片付けようね」という合図になるのです。 

つまり、「箸の手話」というのがあるんですね。

寿司は噛み切らないでください

お寿司は一口で食べるもの。経験豊富な(日本の)寿司職人のセルフイメージは、「一口で食べられる大きさで、完璧に仕上がっている」というものだ。 

もし、噛み切りたくなるような太巻きに出会ったら、それは店を間違えたか、特大の太巻きを選んでしまったかのどちらかです。 

でも、とても美味しく食べられるんですよ。その場合、噛んだロールケーキを皿に戻さず、次の一口を食べるまで上品に手に持ったまま(必要なら箸で)食べてください。ちょっとしたおやつ感覚で。

手巻きも同様で、もちろん手で持って一枚一枚食べるものです。でも、もちろん日本人は、いろいろな種類や場面で、いろいろなルールや行動の推奨をしているのですが......。

寿司のネタを個別に食べない

今では言うまでもないことですが、念のため、にぎり寿司のネタを取って一個ずつ食べるのはやめておきましょう 

これは、かの有名な二郎氏も、「寿司職人に対する最大の侮辱だ。

喉を鳴らし、叩き、音を立てる?

日本では、騒音に関する限り、テーブルマナーはこちらとほぼ同じです。つまり、スマホもスルホンもゲップさえもないのです。お客様には絶対に伝わらないと思うので、念のため言っておくのです。大声で叩くことがごく普通のアジア文化圏が確実に存在するからです。日本では、そして日本の寿司屋では、どうか避けてください。

余談ですが、日本の熱い麺類であるラーメンやうどんは、音を立てるためではなく、熱いスープを空気と一緒に吸い込むために、よくすするそうです。また、ドイツでよく注文されたり、寿司と一緒に出されたりする味噌汁は、伝説の麺類ほど辛くないはずなので、すすらないほうがいい。

寿司に合うソースや調味料は?

現在、寿司は世界中で最も多様なスタイルと最もクレイジーな組み合わせで提供されています。本格的な日本の寿司を楽しみたいのなら、寿司と醤油、わさび、生姜の関係を理解しておいて損はないだろう。

西洋料理では、料理の味は調味料やソースに由来するという事実に慣れている。典型的なドイツ、アメリカ、フランス、イタリア料理の多くは、風味を強烈に形成するソースなしには考えられないだろう。 

一方、日本料理では、風味は切り口と、厳選された原材料の熟練した、しばしば注意深い、しかし経験豊かな取り扱いから生まれます。ソースはあくまでも素材の持ち味を生かし、アクセントをつけるために使うものです。  料理の風味を損なわないように 

もちろん、日本には照り焼きやとんかつのような濃厚なソースもあるが、グルメはそのような濃厚なソースで高級寿司を疎外しようなどとは考えないはずだ-大切なのは純粋さである。そうでなければ、精巧に切り取られた鮮魚の代わりに豆腐を食べるという手もある。

また、誤解を恐れずに言えば、ドイツでは寿司の皿の上に生姜とわさびが乗っていて、そこに醤油が用意されているのが普通である。 

ただし、生姜、わさび、醤油は上手に、つまり節度を持って使う必要があります。どれも丁寧に作られたお寿司の味を邪魔しない程度のシンプルなものです。

お寿司にわさびをつけるのは許されるのか?

日本料理は、さまざまな食材が持つ自然の味を、微妙にコーディネートすることが重要です。 

寿司職人は通常、寿司にわさびを少し入れる。寿司の種類や使用する材料によって、少し多めに入れたり少なめに入れたりする。浦巻きやクリームチーズを使った寿司などでは、わさびを入れない(意図的)なものもある。

さて、私たち「外国人」は、やや強めの味に慣れているところがあります。そのために、わさびと醤油を入れる小鉢を各自で用意しています。 

もちろん、最初から辛さですべてをかき消すのではなく、味覚のチューニングに丁寧に付き合ってもらえれば、寿司職人としては嬉しい限りだ。 

しかし、わさびを入れることで、個別のチューニングはほとんど不可能になります。いろいろな食材を合わせながら味見をして、ご飯の味付けを把握するようにしましょう。

できれば、刺身のときだけ、わさびを醤油に混ぜる練習をしましょう。また、もし寿司に適切な味付けがされていなかったり、わさびを追加しないとひどくつまらない味になったりしたら、他の店に行ってみればいいのです。

ちょっとしたアドバイス:私たちは、新しいレストランの品質を確認するために、キュウリ巻き(かっぱ巻き)を食べてみるのが好きです。

お寿司に入れるお醤油の量は?

絶妙な味付けで、きめ細かく輝くご飯に、シェフの腕の見せどころがあるのです。 

ですから、通でもご飯を醤油に漬けることはなく、魚や野菜を少し醤油に漬ける程度です。

例えば、巻き寿司を簡単に醤油に漬けてしまうのは、日本人には耐え難いことです。

軍艦を食べるときは、生姜の葉をとって醤油に浸し、その葉で軍艦のトッピングに醤油をそっと塗りつけるとよいでしょう。これが、スタイリッシュに振る舞い、大豆の災害を避ける方法です😉。

味を中和するジンジャー

ガリは、多くの寿司ファンにとって欠かせないものです。異なる寿司の味覚を「中和」するために、一斉に使用されるのだ。また、軍艦などの食べにくいお寿司に少し醤油を塗ることで、生姜を上品に使うこともあります。

ただし、生姜をサイドサラダの一種として考えてはいけません。また、お寿司に生姜をトッピングするような発想は絶対にダメです。

健康の秘訣

醤油、生姜、練りわさびは日本人と同じように控えめに。ここに注目してください。 どの レストランで使用される醤油 - 高品質の有機醤油 伝統的な製造方法から それとも工業的に生産されたNoNameグッズ?

刺身の味付け方法

刺身は寿司ではないが、ここで簡単に触れておきたい。

刺身に生姜がなければ、すべてOKです。刺身には紅しょうがではなく、細かく切った大根が添えられる。ちなみに、この大根の薄切り具合で、シェフの腕前もわかるそうです。

そして、欧米では刺身につける前に、わさびと醤油を混ぜて食べる人が多い。しかし、これではせっかくのわさびの風味が消えてしまう。 

刺身を正しく楽しむには、わさびを少しつけて、別の場所でごく簡単に醤油につけてから、直接楽しむとよいでしょう。脂ののった魚ほど、わさびに耐性があります(例:マグロ、サーモン、サバ)。ただし、わさびや醤油はあくまでも軽い風味付けであり、決してマリネのようなものではありません。

照り焼きやチリソースは頼まないでください。シェフが巧みな切り口で生魚に加えた風味が損なわれてしまいます。そうすることで、日本食レストランにも、「あなたのために無駄に高い品質を実現しようとしている」という印象を与えてしまうのです。

そのため、刺身に様々なソースが添えられているようなレストランは避けた方がよい。これは、中程度の品質の原料をしばらくかけて調理していることや、シェフの経験が浅いことを隠しているに過ぎない。

寿司を食べるのに最適な順番

寿司好きにとって、寿司を美味しく食べる順番はとてもシンプルで、軽いものから脂の乗ったもの、つまり魚の身で言えば、白身から赤身まである。

この法則は、味の濃さと満腹感の両方に関係している。多くの寿司店では、すでに皿の上に右から左へと正しい順序でさまざまな種類の寿司が並べられている。しかし、そのプレートが特別なビジュアルデザインであれば、自分で選べばいいだけです。

まず、白身魚やイカなどの低脂肪の魚から始めて、サバやカマスなどの「銀の魚」、そしてサーモンやイクラを食べ、最後に高脂肪の魚と赤身の肉を食べます。 

つまり、消化の良いものから腹持ちの良いものへと食べていくわけですが、これは味だけでなく、現代の栄養学的な知見からも理にかなっていると思います。

そんな寿司グルメを締めくくるのは、ほのかな甘みを持つ玉子焼きだ。ちなみに、日本の高級寿司店でもタマゴは人気がある。

寿司を何から食べるか、何から食べるか?

日本ではもちろん、下駄の形をした「すし下駄」が人気です。そんな下駄は面白いものです。でも、すでに木の端が擦れていたり、下駄が使い込まれていたりしないか、状態を確かめてからにしましょうね。これもまた、この店の特徴である。

食器もそうです。木の上で食べるか、食器で食べるか、はたまたカウンターバー(おまかせスタイル)で板前さんが目の前で寿司を握ってくれるところか。清潔で、衛生的で、整理整頓されていれば、実は何でもOKなのです。しかも、ただ白いだけではありません。 

というのも、西洋やフランス風の美食では白い食器が標準とされていますが、実は日本料理、特に寿司には真っ白な食器は不向きなのです。日本の文豪、谷崎潤一郎は、このことを見事に言い表している。

日本料理は「食べるもの」ではなく「見るもの」とよく言われます。

炊きたての真っ白なお米が、さっと開けた蓋の下から温かい湯気を上げ、黒い器の中にこんもりと盛り上がり、一粒一粒が真珠のように輝いているのを見れば、日本人なら誰でも「米」への畏敬の念を抱くだろう。

おそらくどの国でも、料理の色彩は食器の色や部屋の壁の色と調和するように保たれているのだろう。いずれにせよ、明るい場所で白い食器に盛られた和食を食べれば、食欲が半減することは間違いないだろう。

谷崎潤一郎「影を讃える-日本美学概説」(1886年  -1965)

このように、使われている食器からも、そのお店の情報を知ることができるのです。

お寿司に合うお酒は?

お寿司にはいろいろなお酒が合います。しかも、すべて日本酒である必要はありません。ここでは、日本の寿司に合う代表的な飲み物を紹介する。

寿司とビール

日本はドイツに匹敵するほどのビール大国であることを知らない人もいる。日本には数多くの季節限定ビールがあり、飲み物としてのビールが浸透しています。価格帯を問わず、寿司屋で寿司と一緒に提供されることが多い。

寿司・日本酒

高級な日本酒は、もちろん寿司や刺身の最高の肴の一つである。

日本酒は米から造られるので、同じ米で造られる寿司との相性が良いのは言うまでもない。 

また 日本酒が魚のうま味を丸くすることは科学的に証明されている と下線を引くことです。

寿司は素材によって味や特徴が異なるので、それに合う酒もおすすめです。

しかし、一般的には、寿司の繊細な風味を損なわないように、少し冷やした状態か室温で、軽めの辛口の日本酒を飲むのがベストである。うなぎなど甘めのタレを使ったお寿司には、甘口のお酒をおすすめします。

寿司とワイン

現在、日本でもワインが注目されており、日本で栽培されているワイン品種もある。ドイツのリースリングは酸味があるので、特にお寿司と相性が良いですね。白身魚のタンパク質をよく分解してくれるんです。

赤ワイン、特にタンニンの強いものは、寿司のお供としてはお勧めできません。

寿司と緑茶

日本の高級寿司店で食事をするときの飲み物は、緑茶が選ばれている。そこでは、寿司と一緒に日本酒やワイン、シャンパンが出てくることはなく、最後に希望すれば緑茶が飲めるだけだ。もちろん、食べることの純粋な喜びを邪魔するようなことがあってはなりません。 

そして緑茶は、もちろん茶道を通じて日本料理の最高峰である懐石料理とも密接な関係があり、最も瞑想的な飲み物であると言えます。正直なところ、高級寿司店ではワインを空ける暇もない。食事が終わって数分後には、ありがたく席を立つかもしれないからだ。

正しい姿勢で寿司を食べる

美味しいお寿司は工芸品、本当に美味しいお寿司は芸術品です。上質な素材から本当においしい寿司を安定して作るには、どれだけの準備と努力が必要なのか、ほとんどの人は気づいていないでしょう。

ドイツでは食にお金をかけず、品質に対する意識も低いようですが、日本からの文化習慣に少しは合わせても損はないでしょう。

オモテナシ

オモテナシ は、言わずと知れた日本の「おもてなし」です。 

日本のホスト、特にレストランやホテルのオーナーは、常に広い心で、お客様の面倒を完全に見ようとします。また、「おもてなし」とは、お客さまに喜んでいただけるよう、細部にまで気を配ることです。

そのためには、「おもてなし」は、お客さまがお客さまの努力を尊重し、感謝する、相互尊重の関係であることも重要です。 

特に、日本人のスタッフがいる本物の日本料理店や日本人の哲学を持ったレストランでは、ドイツの王様や皇帝のように入店するのではなく、ある種の敬意と日本的な警戒心を持って入店すれば、スタッフは心良く対応してくれ、完全にくつろげるようにしてくれる。

着席してお待ちください

スタッフが日本人のこだわりを持って取り組んでいれば、常に最高の場所を提供し、お客様のニーズに応えようとするはずです

訪問時に一番良いと思う席に直ぐに駆け寄らないようにして、サービスを受けやすくしてください。 

手短に到着し、スタッフと目を合わせ、お世話になることを楽しみにする。 

良い寿司屋は、寿司バーやキッチンとサービスとの間に多くの調整が必要であることを理解して来てください。バイエルンの経済やイタリアの良いレストランとは異なるルールがあり、寿司バー、ホットキッチン、ゲストルームの間の注文プロセスやすべてのプロセスははるかに複雑です。

強い香水は避ける

もちろん、寿司屋によって雰囲気も部屋の広さも違う。 

しかし日本では、寿司は五感で感じたい、香りは鼻、口、味覚、舌で受け止めたい、と考えている。 

この認識が、隣のテーブルやテーブルメイトの強い香水の尾で覆われているとしたら、それは少し無神経なことです。だから、高級なレストランに行くときは、なるべく香水をつけずに、目立たないようにする。日本には、香水に関する「香害」という言葉があるくらいだ。 

だから、香水や音量、身だしなみなど、控えめにしてください。

その他のヒント

には、もう少しヒントがあります。 日本(寿司)レストランの典型的な訪問についての私たちの記事.

また、ここでまだ足りない情報があったり、私たちが理解できるような説明をしていない場合。 お気軽にお問い合わせください。!

sansaroでお会いしましょう。

ミュンヘンの寿司屋「すしや」のイベント・ケータリング
サントリー ハクウォッカ発売 ドイツ - ミュンヘンのSUSHIYAによるケータリング付き

先日、「HAKU VODKA」のドイツでの発売にあたり、特別なチャレンジで素晴らしいケータリングを開発することができましたので、その様子とサントリーの新しいウオッカについてレポートします。
SUSHIYA - ミュンヘンのアマリエンパサージュにある日本食レストラン「sansaro」を2007年から成功裏に運営している会社は、ケータリングも長年手がけている。
寿司や日本料理を中心に、日本人のお客様にも喜んでいただけるクオリティーの高いケータリングを専門としています。