ビジネスケータリング ミュンヘン 2022年9月

目次

今回もまた、私たちは ご希望やご予算に合わせた料理 ミュンヘンの有名な経営コンサルタント会社で、同じ会社で別の部署に配属されました。

どのように 数週間前 20〜35人くらいのグループでの昼食のことで、もちろん、どれくらいの量がベジタリアンで、どれくらいの量が魚や肉なのか、事前に正確に知ることはできません。そして、予想以上にゲストが少なかったにもかかわらず、最終的にはほとんど全部食べてしまいました🙂。

スターター

今回も2方面から殺到することが予想されたため、さまざまな前菜を並列に並べました。

色とりどりのごちゃごちゃに並べられた小さな前菜

寿司

ケータリングサービスには通常、寿司が含まれていますが、ここでも定番の寿司桶で。

ミュンヘンのケータリング「SUSHIYA.DE」で寿司を食べる。

メインディッシュ

前回、シェイクの照り焼き(サーモンフィレ "ラベルルージュ "の照り焼きソース)があっという間に完食されたので、今回はサーモンの照り焼きを多めに、メインディッシュのベジタリアン料理を少なめに、と前もって計画していた。しかし、いつも異質で多様なスタッフがいることを想定していませんでした。今回は、面白いことに、前回よりもベジタリアンがよく食べられました。

ケータリングでいつも人気のサーモンフィレ(照り焼きソース)。

ベジタリアンのためのかき揚げうどん

それとも、ベジタリアンの料理がとても美味しかったからでしょうか?

今回はうどんスープを食べました。太い小麦の麺を熱いスープで食べるのです。その上には、さまざまな野菜を細かく揚げた精進料理のかき揚げがのっていた。そして、何度もおかわりをするなど、とても好評でした。

うどんをスタンバイ...。

すでに KAISEKI皆さんは、日本の高級料理を体験したことがありますか?寿司とはあまり関係がなく、ドイツでは非常に珍しいことですが、時折、季節の懐石を特別に提供することがあります。で ニュースレター このようなイベントがあるときは、予約のために調べるのですが、これまでのところ、数時間で完売しています。

そして、細かく揚げたカイカゲが飾られ、引き立て役となっています。

ミュンヘンでのケータリングは、ひとつひとつが異なります。しかし、その過程は常に異なっており、今回も片方のメインディッシュを急いで食べようと思っていたのに、もう片方はできれば食べ尽くしたかったというようなケースもありました。

最終的に、すべてのゲストが満足し、美味しく食べ、手順がタイトなスケジュールにぴったり合っていれば、また素敵なケータリングを手掛けることができたと満足しています。

ケータリングを成功させた後は、洗い物が尽きないが、その前にミュンヘンの素晴らしい景色を堪能することができる。
富貴寄弁当 2022年3月24日

熟練の技で作られた日本のお弁当は、まさに小さな食の宝箱。よく言われることですが、ユニークなもののひとつに

鮨屋 ミュンヘン店の2017年の年越しメニューのグラフィック
2017年の大晦日

2017年の大晦日には、SUSHIYA sansaroでは、特別な和食を使った絶品メニューを3つご用意しています。今すぐ場所を確保しましょう

おもてなし - 日本語でのおもてなし

おもてなし」とは、日本の文化や哲学に深く根ざした特別なおもてなしのことです。明確な役割分担はあっても、ゲストとホストの関係は対等で、お互いを尊重し合うものです。ゲストはホストの努力を評価し、ホストはゲストが快適に過ごし、心地よい時間を過ごすためにあらゆる努力をする。