焼酎-日本の蒸留酒のすべて

目次

日本では「ジャパニーズウォッカ」「ジャパニーズリカー」と呼ばれることもあり、焼酎の人気は高まっている。 

特に若い日本人は、このハイプルーフのお酒が大好きで、その繊細な風味からミックスドリンクによく合います。しかし、焼酎は氷やお湯で割って飲むのも人気がある。ここでは、酎ハイの概要と、酎ハイがいかに万能な飲み物であるかを紹介する。

正中とは?

正宗は、それとは対照的に 日本酒 また、日本酒と同様に麹菌の培養も必要である。 

良い焼酎を作るには、原料ができるだけでんぷん質であることが重要です。焼酎の原料は、米、麦、ソバなどさまざま。このように、同じ焼酎に複数の食材を使うことで、さまざまな味わいとバリエーションが生まれるのだ。基本的に焼酎の味は、土やナッツの香りがすることが多いが、原料の作物によって大きく異なる。

松竹はどこから来たのか?

笙の音は、もともと中国や朝鮮半島から伝わったもので、そこから日本に伝わったと思われる。

現在、焼酎は九州の港町・鹿児島を中心に生産されている。しかし、九州の他の地域でも正宗は長い伝統を持っている。例えば、熊本県南部の球磨地方は、温暖で良質な焼酎の産地として知られている。なお、九州の松竹は「球磨松竹」という商標名で呼ばれている。 

多良木町で焼酎を製造している高橋さんのインタビューは、この地域の焼酎製造が品質に重きを置いていることを示す好例である。一人で Japandigestのインタビュー を見ると、いかに「焼酎」がこだわりを持って作られているか、そして何よりも専門的であるかが分かります。例えば、消費者の嗜好に合わせるために、一部の生産工程を変更した。特に蒸留の工程では、よりマイルドでフルーティーな味わいを得るために、従来よりも低い圧力と低い温度で蒸留しています。

焼酎はどのように作られるのですか?

日本酒と同じように、でんぷんを原料に麹菌を加えて発酵させたものが焼酎である。 

しかし、日本酒と違って、焼酎は発酵後に蒸留し、数カ月間貯蔵してから市場に出す。聲明で使用する聲明は、特別に白い聲明を使用しています。また、非常に高い耐性を持つ強い焼酎には黄麹を使うこともあるが、これは主に日本酒の製造に使われるもので、非常にデリケートなものである。

正中にはどのような種類があるのでしょうか。

焼酎には、少なくとも二重蒸留の「焼酎甲類」と一重蒸留の「乙類」があり、「本格焼酎」とも呼ばれる。 

特に「薫る酎」は無味無臭で、他のお酒と混ぜて飲むのが主な用途である。一方、「乙類焼酎」は本物の焼酎と言われ、焼酎そのものの味が楽しめる。 

焼酎の風味は、日本酒とは異なり、使用する澱粉を自由に選択することができるため、そのニュアンスは非常に重要である。

焼酎の代表的な基本素材

焼酎は日本酒のように米から作る必要はなく、さまざまなでんぷん質の食品から作ることができる。特に、日本で焼酎に使われる代表的な食材は以下の通りです。

  • 麦酒(むぎしゅ、Mugi Shochū)
  • サツマイモ(芋焼酎、芋焼酎)
  • 米焼酎(こめしょうじゅ、こめしょうじゅ)
  • サトウキビ(黒糖焼酎、国東焼酎)

 

焼酎の原料はでんぷん質を多く含むことが重要なので、記載した原料以外にも、すみれ、そば、マスコバド糖などを使用することができます。日本で焼酎の製造が認められている基礎原料は全部で53種類。牛乳焼酎は牛乳も使うが、主役はあくまで米である。

その他、希少価値の高い焼酎の基本素材

焼酎の原料としてあまり一般的でないものには、以下のようなものがある。
  • 栗焼酎(くりしょうじゅ)
  • そば粉(蕎麦焼酎、そば酎)
  • 胡麻焼酎(ごましょうちゅう)
  • 紫蘇焼酎(シソショウジュ)
  • ニンジン(人参焼酎)
  • 海藻焼酎(かいそうしょうちゅう)
  • 麦酒醸造所

    この焼酎は大麦を原料としており、日本で最も普及している焼酎と言われている。味はどちらかというとニュートラルで、特別なフレーバーは感じられない。麦酒は普段からはっきりしていますね。しかし、オーク樽で熟成させる品種もあり、その場合は琥珀色の外観になる。麦酒はマイルドな味わいのため、氷を入れてストレートで飲むのがおすすめです。

    芋焼酎

    芋焼酎は、さつまいもを使った焼酎で、それ自体の風味がかなり強いと言われている。そのため、この焼酎はラーメンのようなこってりした料理と相性がいい。芋焼酎の出来は、使用するサツマイモの品質に大きく左右されるため、芋焼酎によって味に大きな差が出るのだ。

    小米商会

    米焼酎とは、米を原料とする焼酎の呼称である。米は短粒のジャポニカ米のみを使用し、それ自体がある種の風味を醸し出しています。米焼酎は他の焼酎と異なり、やや甘口のものが多く、原料が共通であるため、他の焼酎よりも日本酒を連想させる。

    國藤正中

    サトウキビを原料とする焼酎は「国東焼酎」と呼ばれ、他の焼酎よりややフルーティーな味わいになることもある。特に醤油の影響が強い料理は、美味しい国東焼酎を一緒に食べると、とても美味しく感じます。おすすめは、鹿児島県奄美群島産の黒糖を使用した「佐藤のあけぼの黄金焼酎」です。43%巻に収録されているこのユニークな正宗。アルコール度数が高く、焼酎としては非常に高い防腐性能を持つこのユニークな焼酎は、上質な味わいだけでなく、約3年間のオーク樽での熟成によって得られる明るい黄金色も印象的です。

    栗祥珠

    栗を使った栗焼酎も、日本では特別な存在で、特に香りが強いことで知られている。

    牛肉正宗

    また、牛乳から作られる牛肉焼酎も非常にエキゾチックで、香りも非常にマイルドです。日本ではドイツほど牛乳は一般的ではないので、かなりエキゾチックなお菓子になりそうですが...。

    泡盛

    沖縄出身の泡盛正宗は、特別なポジションにいる。 

    泡盛は他の酎ハイと異なり、白い麹菌ではなく、黒い麹菌が使われている。 

    また、泡盛は通常とは異なる米を使用しています。これは、一般的な焼酎の原料であるジャポニカ米よりも粒の長いタイ産のインディカ米を使用しているためである。また、このような違いから、泡盛を「酎ハイ」ではなく、「関連酒」と見る専門家もいる。泡盛のアルコール度数は酎ハイよりも高く、40 %前後が多いですが、60 %も経験しました。

    ヨーロッパのシュナップスの代用としての焼酎

    日本の基準からすると、翔泳社は非常に高い耐性を備えています。焼酎のアルコール度数は25~43% vol.である。 

    これはヨーロッパの蒸留酒と比べると少ないが、それでも良い焼酎は酒好きをうならせるのである。

    ところで、日本の味と南ドイツ・オーストリアのシュナップスを掛け合わせたエキサイティングなものが、私たちの製品です。 ハンドメイドの柚子スピリッツを独占販売。 ぜひご覧ください。 

    松竹梅の香りとは?

    前述したように、焼酎はあまり強烈な風味を持つものではありません。また、通常の焼酎でも、何度も蒸留したものや、ジェスチャーや米などの比較的無味乾燥な原料を使用したものは、そうである。 

    しかし、正宗精神を徹底的に研究すればするほど、そのニュアンスが伝わってくる。特に、そばや甘栗など、ちょっと変わった食材を使った焼酎の場合。サツマイモやサトウキビから蒸留した焼酎は、より風味豊かなものとされている。基本的に、焼酎は果実味に乏しく、ドライな飲み心地のものが多い。

    料理のお供に最適な、そんな焼酎です。

    私たちヨーロッパ人にとって、食事と一緒にワインやビール以外のアルコール飲料を楽しむという発想は、むしろ異質なものです。蒸留酒は、実は食前酒や食後酒としてしか飲まれません。しかし、日本では焼酎もウイスキー(ハイボール)も、食事と一緒に直接飲むことが多いので、これは全く違う。味の面でも、例えば魚には焼酎がよく合います。しかし、濃厚な料理も、厳選された焼酎と一緒なら、特別な魅力を発揮する。

    庄内さんはどうやって酔っ払っているのですか?

    もちろん、細部にこだわる日本人は、焼酎をより楽しむためにさまざまな工夫を凝らしている。ここでは、人気のあるバリエーションを紹介します。

    ストレート(Straight)

    アルコール度数が20%前後の本醸造は、何も加えず、ストレートで飲むのが一番。焼酎本来の香りや味わいを楽しむのに最適です。

    オン・ザ・ロック (オン・ザ・ロック)

    アイスキューブでお楽しみください。アルコール度数の高い焼酎に適している。グラスに氷を入れ、十分に冷やしてから焼酎を注ぐことが重要である。

    水割(みずわり)

    水と混ぜる。焼酎と水の黄金比は6:4、つまり焼酎6:水4である。また、「前割り」といって、あらかじめ焼酎を水に混ぜて一日置いておくと、焼酎がより柔らかくなるのでおすすめです。

    ソーダ割り(Soda-wari)

    炭酸水と混ぜる。特に夏場は爽やかで飲みやすいのでおすすめです。また、ライムやレモンなどの柑橘類を加えると、味が爽やかになって良いと思います。

    お湯割り

    冬場はお湯で割って飲むのがおすすめです。先にお湯を注ぎ、次に焼酎を注ぐと、焼酎の香りがお湯に混ざり、香りも楽しむことができます。

    梅干し割り(うめぼしわり)

    アイス、水割り、お湯割りなど、お好みの飲み方で焼酎に梅干を入れるだけ。梅干を加えることで、焼酎特有の匂いを和らげ、すっきりとした飲み口に仕上げています。

    燗付け(かんつけ)

    前日、焼酎に好みの量の水を加え、「ジョカ」と呼ばれる酒器で燗をつける。燗酒は究極の飲み方であり、燗酒でなければその風味、甘み、深く滑らかな香りを楽しむことができないと考える愛好家も多い。

    日本では生中継されることが多い

    その繊細な味わいから、焼酎は他のお酒と混ぜて使われることが多い。例えば、焼酎にソーダとフルーツフレーバーを加えたミックスドリンク「チューハイ」は、とても人気がある。フレーバーは、レモン、グレープフルーツ、アップルなどが用意されています。日本の若者に特に人気のあるこの飲み物は、日本では缶に入った状態で販売されている。また、焼酎をウーロン茶で割って飲むのも一般的なレシピだ。ストレートで飲むなら、夏は氷で、冬はお湯で割るのがおすすめです。 

    日本酒と焼酎-似ているようで異なる個性を持つ2つのお酒

    香り高い日本の「ライスワイン」である日本酒は、実はビールのように特殊な多重発酵のプロセスで醸造される。日本酒と焼酎の最大の違いは、焼酎は麹菌による発酵に加え、蒸留を行うことだろう。また、品質と味の両面で、原材料の使い分けが目立ちます。また、日本酒の製造には、庄内とは異なる麹菌が使われることもある。その結果、日本酒はフルーティーでコクがあり、焼酎はドライで土っぽいというように、味や香りに違いが出てくるのです。 

    酎ハイはブランデーと訳されることからも明らかなように、日本酒とは対照的に、伝統的なスピリッツとして捉えられている。 

    最後に、酎ハイは蒸留工程があるため、日本酒よりもアルコール度数が高い。日本酒のアルコール度数は15% vol.台ですが、焼酎は約25% vol.台と高いアルコール度数です。現在、多くのメーカーが非常に洗練された酒を製造しているが、一般に酎ハイは高級な日本酒の品質には及ばない。

    しかし、焼酎は日本の飲酒文化の中で確固たる地位を築いており、特にオン・ザ・ロックやお湯割りのバリエーションでヨーロッパへの進出が進んでいる。

    情報源

    https://de.wikipedia.org/wiki/Sh%C5%8Dch%C5%AB

    https://taz.de/Japanischer-Shch-Schnaps/!5593277/

    https://www.nipponboutique.com/de/auswahl-an-likoren-aus-japan/6340-japanischer-shochu-shoshu-japan-4904670022736.html

    https://www.japandigest.de/reisen/essen/sake-und-shochu-in-deutschland-interview/

    mixology.euのコンテンツをダウンロードするには、以下のボタンをクリックしてください。

    ロードコンテント

    https://www.rumundco.de/magazin/shochu/

    https://www.japandigest.de/reisen/essen/trinken/alles-ueber-japans-alkohol/

    https://galumbi.de/blog/2020/03/17/sato-no-akebono-gold-shochu-negroni-amami-breeze/

    下のボタンをクリックすると、galumbi.deのコンテンツが読み込まれます。

    ロードコンテント

    2021年のクリスマス

    今年のクリスマスは、家で家族と過ごすのがいいのか、それともホテルで過ごすのがいいのか、まだわかりません。

    スペシャルバレンタイン2021

    Valentine's Day 2021Valentine's Menu 源氏の周りにいた12人の美女をイメージしたメニュー詳細へValentine's Menu A CLASSIC JAPANESE BENTŌ-BOX & All Rights Reserved.