2022年6月30日の懐石料理イベント

目次

大成功を収めた後 2022年4月、初めての懐石料理 今年も日本料理の夕べをお届けします。

今回も適切なものを探します。 日本酒-前回は、すでに多くのファンがいました。

UPDATE 24時間以内にイベントはほぼ満席となり、素晴らしい反応と夏のテラスでのお客様との素敵な夕べに感謝しています。 反応 夕方から

メニュー懐石料理イベント 2022年6月30日 sansaro

メニューのテーマは、もちろん「夏」。 日本国内では 懐石 は、繊細に調理されたコースの数々で季節を情感豊かに味わうことができるのです。

今回は、8つのコースに分かれて提供される9つのメニューをご用意しました。 

なぜ、前回の懐石料理とコース名が違うのか、それは高度に儀式化された懐石料理の秘密の一つである。日本研究者やグルメな方々のために、近日中に基本的な記事を掲載する予定です。 懐石の歴史

しかし、一般的には、様々な、細かくまとめられた小物と意識的に関わり、近づく夏の日本の味を私たちと探求してください。

天候に恵まれたため、広いテラス席での限定開催となります。ご準備をお願いします。

懐石料理って何?
ここでは 懐石の話題の紹介.

ここでは 懐石の歴史的展開 と、なぜ修行僧の食事ではないのか。

箸割(アミューズ・ブーシュ)

夏の会席の一品目、ブラックタイガー海老の滝川豆腐は、その色と形がすでに夏の小川を連想させる。

たきかわ豆腐

  • 滝川豆腐 ブラックタイガー海老、おろしわさび、柚子の皮、だしベースのソース
 

食事は、夏の清流を思わせる涼しげな一皿から始まる。無糖の豆乳を日本から直輸入した寒天で冷やし固めたヘルシーな一品です。柔らかい食感と、醤油ベースのあっさりした出汁によく合います。

豆乳で作った豆腐を縁の寒天で固めた自家製豆腐。通常は天突きで絞るのですが、今回は包丁で讃岐うどんくらいの細長い切り口にし、鰹出汁で召し上がっていただきました。豆腐の上には、薄めの出汁で煮たエビが乗っており、スライスした柚子の皮とわさびが添えられている。 

流れる川に見立てたことから滝川豆腐と呼ばれ、夏には爽やかな気分になれる料理です。 

日本酒のお供に。 この軽快な料理には、「Salt'n' Yuzu Sake Liqueur」を添えています。柚子の爽やかな香りとほのかな塩味が美しいアクセントになっています。

煮物椀(スープ)

西京味噌の赤い竜頭は、ドイツ語で日本語を話す人にはちょっと舌を巻くが、お客様には喜ばれる。

赤魚西京味噌仕立て

  • 西京味噌汁の赤カサゴの煮付け
  • 焼き豆腐、みじん切り葱、マスタード、パクチー
 

ふわふわと柔らかい赤魚の身と焼き豆腐に、甘みのある西京味噌の風味がよく染み込んだお吸い物です。和風マスタードのスパイシーなアクセントが効いています。

日本酒のお供に。 この料理には「大七 木本純米」がよく合い、出汁の風味をよく引き立ててくれます。

造り(造里、刺身)

木鯖のたたき:驚くほど繊細で、醤油をほとんど使わなくても、さっぱりしていながら丸みのある味わい。

鯵たたき

  • 妙高、ニラ、大葉、生姜を混ぜた木鯖のタタキを醤油でいただく。

旬の木鯖をカットし、程よい硬さに仕上げ、4種類のスパイスで召し上がっていただきます。特に日本酒に合う一品です。

日本酒のお供に。 このコースは特に日本酒に合う。越の寒梅「彩」は、ほのかなフルーティーさとミネラルの香りが特徴的な日本酒です。生魚と日本酒の相性は抜群です。

焼肴(やきもの)

和牛の茄子乗せは多くのお客様を喜ばせた

茄子の木の芽田楽

  • 茄子のオーブン焼き、甘味噌と木の芽添え

  • 和牛のミディアムレアロースト、フライドオニオン添え

 

夏が旬のナスは、油でさっと炒めて余分な水分を飛ばし、風味を凝縮しています。やわらかい和牛と涼しげな緑の木の芽ソースがマッチした一品です。

 

日本酒のお供に。 木の芽ソースの味の脇を固めるために タルサケ が選ばれ、杉の樽で熟成される。

箸休め(はしやすめ、箸置き)

お揃いの和食器でリフレッシュできる "箸休め"

もずくと葛切りの酢の物

  • もずくと自家製くずきり麺の出汁酢漬け

  • トマトのコンポート

那須田楽の後は、出汁酢に漬け込んだ冷たいもずくと、手作りのくずきり酢で、口の中をリセットする。

橋爪は、比較的味の濃い焼き魚を食べた後に、元気を出してもらうための軽い料理である。

モズクは藻類の一種で、温暖な地域の浅瀬に生息しています。販売される製品のうち約90%は、沖縄で栽培されている「沖縄モズク」と呼ばれる種類のモズクです。葛は植物の一種で、葛粉は葛の根から抽出されたでんぷんです。くずきりとは、くず粉を水で溶き、型に入れて加熱して固め、うどんのように細長く切った麺のようなもの。 

日本酒のお供に。 このコースでは、日本酒の肴はこのコースにお任せします。

強肴(しいざかな)

コーニッシュプラウトの和風アラレ添え

かれいの霰揚げ

 

  • ムール貝のアラレ和え
  • 抹茶塩、レモン

薄口醤油に漬け込んだマイ・プレイスに、あられ(形や大きさが夏のあられを連想させる小さな細かい煎餅)を塗って揚げたものだ。表面のカリッとした食感と、中の魚の柔らかい身のコントラストは、日本人が味わいたいもの......。

しいざかな」の意味は、すでに提供されているメニューに加えて、お客様にお酒を勧めるために出される料理や珍味のことである。したがって、このコースの意味は、「追加の珍味」または「日本酒を使った珍味」と訳すことができる。

 

日本酒のお供に。 おめでたい席の揚げ物には、辛口のワインが似合います。 スパークリング日本酒 細かい真珠でスパークリングがあります 純米酒 スパークリング清酒の品質で知られる七賢酒造から。このお酒は通常、メニューに載せていません。

 

留椀(とめわん、留は止の意、食事の最後に出す汁物のこと)。

赤出汁

  • 赤だし
  • キノコ、トウフ、ダイコン
 

熟成期間の長い赤味噌は、香ばしい豊かな香りが特徴です。このタイプの味噌は、心地よい苦味もあり、料理の仕上げのスープとして最適です。

このコースは、次のコースである食彩と一緒に提供されます。

終盤に一度に提供される2つのコース:食彩と留椀

食彩賓館(食事・ペネトレイトコース)

そら豆ごはん

4月から6月にかけて旬を迎えるビタミンやミネラルが豊富な空豆は、爽やかな初夏の味覚です。この空豆を米と一緒に炊き、水の代わりに出汁と塩昆布を加えています。塩昆布の風味と塩気が豆の旨みを引き出します。

日本酒のお供に。 食彩賓館」のコースから、懐石料理の肴としてお酒が提供されなくなるのが普通です。 

しかし、それでも特別にメニューを変更したい場合は ウイスキーお食事の後に、お酒や日本酒、リキュールなどを楽しみたい方は、豊富なドリンクメニューからお選びください。

かんみ(甘味、デザート)

日本の代表的なデザート、水無月とお揃いの木べら。

水無月

水無月さん今回は、白玉を使った餅のような土台に、小豆の種をトッピングしたデザートを作りました。デザートには冷たい緑茶(煎茶)を添えています。

古都・京都では、6月30日(旧暦の6月1日)に白玉粉に小豆を入れた三角形のお菓子「水無月」を食べる習慣が残っている。

もともとは、室町時代の人々が、この日に宮中でアイスクリームを食べて夏バテ防止を祈ったのが始まりだそうです。しかし、当時の庶民は、特別な贅沢品である氷を手に入れることはできなかった。その代わり、夏バテ防止にアイスに似た水無月を食べたそうです。

三角形の形は、小豆を乗せた氷や氷塊を表し、厄除けや鬼祓いの意味がある。

そして、私たちの仕事がうまくいけば、デザートは単純においしくなり、楽しい夜を体験することができるのです😉。 

 

デザートは、夏の懐石2022で、本当に上等な冷たい煎茶が自然に出てきました。

日本文化の翻訳

注意深い読者ならお気づきだろう。本番の前日まで、料理の描写がどんどん変わっていくのだ。

これは、一部の新鮮な食材が実際に手に入るかどうかに反応しなければならないからだけではありません。 何より、日本の懐石料理の翻訳は、純粋に言語的な翻訳だけではないからだ。また、文化的な面でも、日本の厨房やサービスチームとの連携を図りながら、通訳をしています。日々の業務や厨房での準備、サービス、メニューの部屋での準備などが普通に行われている中で、どの言葉が調理工程を表し、どの言葉が食材を表し、どの言葉がメニューの構成要素を表しているかを理解し、日本の人たちに馴染みやすい文脈で説明するように心がける必要があります。

このように、SUSHIYAでは、質の高い日本料理との出会いを提供し、私たち自身が完璧を求めることを実現していきたいと考えています。 2006年に弁当屋をオープンして以来 をケアします。ぜひ楽しんで、日本の夏の旅を満喫してください。

イメージ通りのサービスプロセスを実現するためだけに、膨大な準備が必要です。

コースとリアクション 夏の懐石 2022年6月

今回も、食器の調達、コンセプトの検討、テラスの準備など、通常の業務と並行しながら、数週間かけて準備、企画、運営を行い、イベントと同じクオリティで臨みました。

当初、天候に恵まれるはずだったのが、雲が入り、数滴の雨粒が発表されるなど、天候の状況が非常に不安定だったのです。

しかし、検討の結果、テラスでの開催に踏み切ったのは、後で話を聞いたゲストの皆さんからも「正解だった」と言われました。

厨房では、お客様の食卓に完璧に料理が届くかどうか心配でしたが、天気の神様は慈悲深く、数滴の雨にとどめておいてくれました。このことがきっかけで、あるお客様はすぐに注文してくださいました。 俳句 (和歌)をGoogleのレビューとして「懐石晩餐会最高でした~雨の音」。

着物で楽しむ夏の彩り

数十年前、つまり現在の松井シェフの妻が生まれた頃に、この夏のために作られた家宝の着物を、撤去しなければならなかったのです。 

当時はもちろん、出産後の母親は季節に合わせた着物を着て、生まれたばかりの子供の健康を祈るのが仕事だった。

大宮ミライの伝統 お宮参り

このお宮参りは、子供が生まれてから約1カ月後に行われる。これは、子供が生まれた地域の神社に行き、神様に子供の無事な誕生を伝え、今後の健やかな成長をお願いするものです。

今のシェフの奥さんが5月末に生まれたので、お母さんは6月末にこの式を挙げることになったんです。日本人の、特に京人のスタイルに敏感な母親は、季節に合わせた着物を作ってもらった。

日本では、夏用の着物は6月から9月までの比較的短い期間しか着ることができないので、最近では誰もが持っているわけではありません。少し透けた織物の着物、それに付随する「羽織」と呼ばれる青い上着、そして黄色の帯は、色、素材、製造技術において季節とぴったり一致しており、日本では蒸し暑くなりがちな夏に軽さ、風通し、涼しさを提供しようとする試みを反映しています。今回の懐石料理でも、器や料理のチョイスに工夫を凝らしたように。

しかし、夕方から雨が降るかどうか、どの程度降るかがはっきりしなかったため、残念ながらゲストが到着する前に家宝を撤去しなければなりませんでした。 

それでも、今は元気なお母様やお祖母様をはじめ、シェフのご家族が私たちに託してくださった名誉と信頼に感謝し、将来、またお客様のために日本料理と文化を紡いでいきたいと考えています。

季節にふさわしく、残念ながら本物の美しい着物は、ゲストが到着する前だけ壁に掛けられていました

sansaroの第二回懐石の夕べに熱狂的な賞賛の声

しかし、着物がなくても、お客様からの惜しみないお言葉を信じれば、成功した夜でした。

軒並み熱い反応が返ってきました。また、最初の入居時に小雨が降っていたにもかかわらず、テラスに素晴らしい雰囲気が醸し出され、最初は瞑想的で、後には落ち着いたが明るい高級レストランのような雰囲気になったことも嬉しいことでした。

 

sansaroのテラスで行われた「夏の会席2022」の美しい雰囲気

あるお客様は、私たちの知る限り、世界中の上質なレストランを楽しんでおられ、和牛を熱烈に評価してくださいました。和牛が単純においしいというのは、芸術ではなく、すでに上質な素材によるものですが、味や食感、茄子との組み合わせなどを、このように組み合わせるのは、本当に素晴らしい映画だと思います。

日本酒の豊富な品揃えと長年の経験により、これはドイツの多くの高級レストランでも提供できない、当店のコアコンピタンスとなっています。

 

すべてのイベントが、ユニークな食と文化の体験になる

SUSHIYAでは、2005年の創業以来、日本文化に対する熱意と細心の注意をもって、裏方に徹してきました。多くのお客様やプロのテスターは、日本料理やその特殊な条件について限られた知識しか持っておらず、対応する労力やパフォーマンスをほとんど見積もることができないことを、私たちは知っています。

私たちが何度も企画する特別なイベントに、長年にわたって多くのお客様がついてきてくださることは、私たちにとって何よりの喜びであり、感謝の気持ちでいっぱいです。

かどうか 日本酒のご試飲, ウイスキーの試飲大晦日やバレンタインデーなど、特別な日に。 寿司コース 或いは ご希望やご予算に合わせた料理私たちは、常に熱意と向上心を持ち、細部にまで気を配って仕事をしてきました。このような機会に、日本の食文化に触れ、シェフが料理の腕前を披露することもあります。

お客様に与える喜び、反応、そしてロイヤリティは、私たちにとって大きな贈り物です。その意味で、私たちは皆様のためにさらなるイベントを企画することを楽しみにしていますし、私たちが提供するすべてのイベントは、再現不可能な食と文化のイベントであると経験から言うことができます。 

ですから、いつものように、ご興味のある方は、次回のイベントに参加されることをお勧めします。 ニュースレターを購読する

皆様のご来店を心よりお待ちしております。 

 

6月30日の懐石料理のイベントの予約

2022年6月30日、当レストランは懐石料理のイベント専用となり、残念ながらこの夜はアラカルト、テイクアウト、デリバリーはございません。

18:15と20:15は、厨房での繊細な作業のため、ごく限られた席数しかご用意できませんので、時間厳守でお越しくださいますようお願いいたします。

一人目のときは、まだ誰もいない贅沢な空間ですが、二人目のお客さまが来ると、少しにぎやかになり、隣のテーブルで、この後のコースに何が待っているのかがわかるかもしれません。

2時間半から3時間程度、ゆっくりメニューを楽しんでいただくことを想定していますが、中には 時間無制限ただし、閉店時間はいつも通り午後11時過ぎです。もちろん、コース料理はアラカルトで出さなければならないので、厨房の様子も追いかけます。

天候により、屋内か広いテラスでの開催を決定します。 キッチンやサービスの都合上、どちらかに決定させていただきますので、ご了承ください。

現在(6月28日(火))、テラス席のみでの開催を想定しています。

懐石料理のメニューはお一人様139ユーロです。また、お好みで日本酒やワインをお選びいただくこともできます。 ジャパニーズウイスキー 私たちの 豊富なドリンクメニュー を選択します。 

懐石料理には、一般的に次のようなものをお勧めします。 日本酒特に懐石料理は微妙なニュアンスの違いが多いので、日本酒はメニューに溶け込みつつも、あまり前面に出過ぎないようにすることが大切です。

発行から数時間後には、すでに70%まで予約済みです。オンラインで予約が取れなくなった場合は、下記までご連絡ください。 お問い合わせフォーム.

連絡を取り合いましょう

今回参加できなかった懐石料理イベントにも興味がありますか? 

日本料理に関する他のイベントや、インターネットでは答えられないような特別な質問をしたいですか? 

ぜひ教えてください。 いつでもご意見をお寄せください。

そして、誰が メールマガジン登録 もちろん、また懐石料理イベントが開催される際には、いち早くお知らせします。 日本酒のご試飲 または ウイスキーの試飲 などのイベントがあります。 

また、季節ごとに新しいメニューを考案させていただくことも可能です。

お客様のご来店をお待ちしております!ありがとうございます!sansaroでお会いしましょう

わさい

本格的な日本料理は、素材本来の味を大切にし、あまり強い味付けはしない。

鮨屋 ミュンヘン 松花堂 箱いっぱいのお寿司屋さん
松花堂箱

日本料理の友は、何度も何度も「お弁当」という言葉に出会います。