SUSHIYA sansaroが2007年からお勧めしているシュタイン醸造所のビール

私たちがシュタイン醸造所のビールを選んだ理由 ドイツ国内には1500を超える醸造所があります。うち40%近くを占める600以上の醸造所がミュンヘンを州都とするバイエルン州に存在します。 ミュンヘンにも世界的に有名な醸造会社を含めいくつのもの醸造所がありますが、SUSHIYA sansaroでは数あるバイエルン州の醸造所の中から大量生産の大手醸造所ではなく民間醸造所のSchlossbrauerei Stein(シュロスブラウアライ シュタイン: シュタイン醸造所)のビールを選びました。 Sansaroのオーナーはもともと寿司を食べる際に日本のビールを好んで飲んでいました。ビールも寿司にあうと思っていたこと、またオーガニック食材を使うことを重要視しており、レストランオープン当時から当店の寿司スタイルにあうオーガニックのヴァイスビール(小麦ビール)を当時のキッチンチームと探していました。そして2007年にたどり着いたのが „Heinz-vom-Stein“のヴァイスビールです。当店のお客様にも評判で、同社の他のビールもとてもおいしいことから、シュタイン社のビールを取り扱うことができたことをうれしく思っています。 シュタイン醸造所 バイエルン州の州都ミュンヘンより南東に100㎞程離れたシュタイン醸造所は湖やキームガウ・アルプスなどの自然に恵まれたキームガウ地方にあるお城の醸造所です。ここでは1489年からビール醸造が行われています。シュタイン社のビールはミュンヘンではなかなか手に入りませんが、オーガニックバリエーションのビールでしたらオーガニックマーケットでの取り扱いがあります。 シュタイン醸造所のこだわり 歴史ある伝統的な醸造文化とモダンな技術・設備によって信頼の品質を守っています。
500年以上の歴史を持つ世界最古の食品法「ビール純粋令」ビールの原料は麦芽、水、ホップ、酵母のみを使用することを守り、原材料にもこだわりを持っています。 シュタイン醸造所は地元キームガウと深く結びついており、原料にはキームガウの100軒以上の農家が栽培した大麦を使用、2015 年から大麦の有機栽培も行われシュタイン醸造所ではオーガニックビールも醸造しています。
また原料のクオリティー維持のため、農家へ品質証明のある種の使用や輪作の調整をリクエストしています。 ビール醸造にとって要になる水にも秘密があります。醸造には敷地内にある井戸水が使用されますが、それはキームガウの山々を源泉とした上質なミネラルウォーターです。 
シュタイン社には他では見られない天然の岸壁セラーがあり、ここでビールが熟成されます。ビールの種類によって4〜6週間、味を仕上げるため、そして商品のクオリティーを考えじっくりと時間をかけて熟成させるのです。岩壁の中腹には、12世紀に造られた盗賊騎士Heinz vom Stein(ハインツ フォム シュタイン)の岩窟城があります。シュタイン社のビール醸造所見学には岩窟城の見学も付属されており、歴史ある岩窟城とシュタイン社のビールがどのようにしてつくられているのかご覧いただけます。 こだわりをもったシュタイン醸造所のビールはヨーロピアン・ビア・スターやドイツ農業協会(DLG)コンテストでの金賞を含め様々な賞を受賞しています。 サスティナブルな醸造 近代的な設備によって、ここ数年は水の使用量を20%削減、水力による電気発電で消費電力の99%を自社で生産しています。また自社のビールや清涼飲料水の売り上げの一部は、地元トラウンシュタイン自然環境連盟の高原放牧地の開墾や野生の果物畑の保存などのプロジェクトの支援となっています。 シュタイン醸造所のホームページ
https://www.steiner-bier.de/ サンサロでお楽しみいただけるシュタイナービール ラインアップ STEINER Hell (シュタイナー ヘル) ヘレスアルコール度数: 4.9%
色: 明るい金色
分類: 下面発酵 ミュンヘンや南バイエルンではビールといえばヘレスというほど定番。
名前のHelles (へレス) はドイツ語で「hell (色の薄い)」から来ており、淡色麦芽を使っているので淡い色をしています。麦芽由来の甘みがあり、ホップの苦みが少なくマイルドな味わい、のど越しよくライトで飲みやすいビールです。 STEINER Export (シュタイナー エクスポート) エクスポートアルコール度数: 5,3%
色: 金色分類: 下面発酵 古くは名前の通り輸出を目的に造られていた為、日持ちを考えて他のビールよりアルコール度数がやや高く、殺菌作用のあるホップも多く使用していることからホップの程よい苦みが効いています。
ミディアムボディでフレッシュなビール、リピーターも多く、当店スタッフもお気に入りのビールです。 STEINER Natur Radler (シュタイナー ナトゥアー ラドラー ) ラドラー
アルコール度数: 2,6%
色: 濁りのある黄色
分類: […]

Wie und woraus wird japanischer Sake hergestellt?

Sake, das alkoholische Getränk aus Japan, wird nur aus Wasser, Reis und Kōji hergestellt. Dabei kommt der Qualität und den unterschiedlichen Ausprägungen der einzelnen Bestandteile eine besondere Rolle zu. Die wenigen Zutaten werden in einem handwerklich sehr aufwändigen Prozess gebraut, so dass hochwertiger Sake eine enorme Aromen- und Geschmacksvielfalt aufweisen kann.

Ostern 2021 – auf der Suche nach den (Bio-)Eiern

Diesmal hat unser Küchenchef eine Box entworfen, die einige moderne Gerichte der alltäglichen, durchaus rustikalen japanischen Küche enthält, die die ganze Familie satt machen kann. Die bunten Farbtönungen drücken die Freude auf den nahen Frühling aus – und natürlich heisst die Aufforderung: finden Sie die (Oster-)Eier! 😉 ACHTUNG: Wie immer sind das Oster-Bentō 2021 und […]

Hitsumabushi – Aal dreifach geniessen

Japan, eine Fundgrube für interessante Gerichte Das japanische Inselreich ist eine Schatztruhe reizvoller lokaler Küchen, wobei jede Region ihre eigenen speziellen Zutaten und Gewürze hat. Bis vor ein paar Jahren bestand im Ausland, also in Europa und Amerika, die japanische Küche vor allem aus Sushi, Tempura und Teppanyaki.  Seitdem immer mehr ausländische Touristen Japan bereisen, […]

Hina-Matsuri – das Fest der Mädchen am 3. März

Besondere Speisen für einen besonderen Tag Am 3. März werden in Japan die Hina-Puppen aufgestellt und geschmückt. An diesem „Mädchentag“ (auch als „Puppen- oder Mädchenfest“ bekannt) wird für ein gesundes und glückliches Aufwachsen der Mädchen gebetet. Dieser Tag wird auch „Momo-Sekku“ (桃の節句) genannt, „Pfirsichblütenfestival“, denn um diese Zeit beginnt die Pfirsichblüte. Die Hina-Puppen werden mit […]

Reis – zentraler Rohstoff für die Sake-Herstellung

Um eine Flasche Sake der Kategorie Junmai herzustellen braucht man rund 1,8kg Reis — bei einem Junmai Daiginjō Sake sind es schon 3 bis 3,5kg Reis als Ausgangsbasis, da hier durch den höheren Polierungsgrad weniger vom ursprünglichen Reis verbleibt.
Kein Wunder, dass dem verwendeten Reis eine besondere Bedeutung zukommt. Hier erklären wir alles zum Thema Reis als Rohstoff für die Sake-Herstellung.