2022年10月19日・20日開催 懐石料理イベント

目次

夏が徐々に終わりを告げ、再び日が短くなり、夕方には秋の気配が漂うようになりました。 朝晩の草むらには露ができ、秋刀魚やキノコが旬を迎える。 

日本ではこの時期を「寒露」と呼び、夏の収穫と豊かな生活を祝う。 10月19日・20日 秋の懐石.

メニューの詳細は、食材の調達状況により変更される場合があります。

もちろん、夜のお供として好きなお酒を自発的に選ぶことも可能です。しかし、オプションの酒肴を予約することをお勧めします。 にほんざけ は、懐石料理との相性も抜群で、より一層美味しく召し上がっていただけます。

最初の2つの懐石料理イベントは、非常に短い期間で満席となりました。 後述.

懐石料理って何?
ここでは 懐石の話題の紹介.

ここでは 懐石の歴史的展開 と、なぜ修行僧の食事ではないのか。

 

懐石料理イベントメニュー 2022年10月19日、20日 sansaroにて

日本には古来より、季節の移り変わりを示す重要な役割を担う暦の概念があります。 

懐石が行われる日は、この暦では秋土用と呼ばれ、新しい季節である秋が始まる日という意味である。

日本人は昔から、季節の変わり目に体調を崩さないよう、栄養価の高いおいしいものを食べて健康に気を配ってきました。(よく知られているのは、日本人が うなぎを食べる

10月の会席料理は、秋から冬にかけての活力と喜びを感じていただけるよう、料理長が心を込めて考案したメニューです。

いつものように、イベント終了後、徐々に情報を追加し、また、精巧に盛り付けられた料理の写真も追加していきます。

のレビューで、最初のイメージをつかむことができます。 2022年春の懐石料理イベント とのことです。 2022年夏の懐石料理イベント.

岩井ぜんざい(祝前菜、アミューズブッシュ)

祝前菜 豊年稲穂
焼いちじくの羽重餡かけ、木の芽
鰻と菊芋、大葉の奉書巻き
和牛の叩き、里芋の揚げ出し、わさび
秋鮭の粽寿司

自然の恵みに感謝し、秋の実りを祝うために、シェフは山や海の幸を彩りよく美しく取り揃えました。

 

  • イチジクのグリル 白ゴマソースと木の芽添え
  • 宝生巻(鰻、鱧、大葉を大根で巻いたもの)
  • 和牛たたき風、里芋のフライ、わさび
  • 秋鮭のちまき、カブのマリネ、柚子風味

わんこそば(椀物、汁物)

椀物 潮汁仕立て
鯛塩焼き、玉子豆腐、焼きリンギ、絹さや

 

鯛は日本では「鯛」と呼ばれ、冠婚葬祭のメインディッシュとして食されることが多い。白くて柔らかい肉質と繊細な風味が特徴で、日本料理で人気の食材です。
鯛にはさまざまな種類があるが、ここで出される赤鯛は、年に2回旬を迎える日本らしい季節にちなんで名づけられた。

春に獲れる鯛は「桜鯛」と呼ばれ、桜の咲く頃に獲れることから、その名がついた。その名の通り、産卵を控えた春の鯛の表面は桜色に染まり、春らしさを演出する。

秋に獲れる鯛は、鱗が紅葉のように赤いことから「紅葉鯛」と呼ばれる。 日本の秋の風物詩、カエデ。 があります。鯛は越冬のために餌を消費するため、最も脂肪が多いのです。

 

  • 焼き鯛、卵豆腐、ハーブマッシュルーム、スナップエンドウのお吸い物
秋になると、もう楽しみなのが「もみじ鯛」。

造り(造里、刺身)

造里 鮪とろ焼霜、牡丹海老、帆立貝柱昆布〆

季節に応じた個別のミックス 刺身.

  • トロヤキシモ風ぼたん海老

  • ホタテの海藻マリネ

焼き物(焼物、揚げ物)

焼物 秋はまちの味噌柚庵焼き、柿の白和え
甘酢茗荷、木の芽

江戸時代までは、武士や学者が成人して出世すると、名前を変える習慣があった。そのため、成長するにつれて名前が変わる魚を「出世魚」と呼ぶようになった。

シュウセウオは縁起の良い魚と解釈され、人生の新しいステージの始まりにふさわしい祝いの料理によく使われる。

ブリ大根は、大きくなるにつれて名前が変わる代表的なシュウセツウオの一つです。

サバ科の海水魚で、日本では体長約40cmまでを「ハマチ」、80cmまでを「ブリ」と呼んでいる。 

秋に旬を迎えるハマチはかなり脂がのっており、そのジューシーな肉質がソースとよく合います。

同じく旬の果物である柿の豆腐和えとともに、秋の味覚をお楽しみください。

  • 秋のハマチの味噌幽庵焼き

  • 柿のトウフ和え

  • みょうがのマリネ

  • 木野目

 

揚げ物(揚物、揚げ物料理)

揚物 秋茄子と叩き海老の挟み揚げ
れんこん煎餅、丸十の天ぷら、天つゆ

日本では、野菜も収穫時期によって名前が変わることがあります。また、旬の野菜の食感や風味を生かすために、適切な調理法が選ばれているのも特徴です。 

夏の炎天下で育つ夏茄子は皮が厚く、食べ応えがある。一方、朝晩の気温差が大きく、比較的日差しが穏やかな初秋に育つ秋茄子は、皮が柔らかく、みずみずしい果肉で甘みや香ばしさが多いのが特徴だ。 

茄子の柔らかい皮はそのままに、ジューシーな茄子の身と海老のプリプリとした食感のハーモニーを楽しめる一品です。

  • 茄子と海老の天ぷらサンドウィッチ

  • 蓮根チップス

  • サツマイモの天ぷら

すのもの(酢の物。)

酢の物 合鴨ロース煮の黄身酢かけ
舞茸としめじ茸、ルッコラ、ゆず皮のちり酢和え

  • 和風ローストダックの卵黄酢ソース添え
  • 舞茸、しめじ、ルッコラ、柚子の皮、ポン酢しょうゆ

留椀(とめわん、留は止の意、食事の最後に出される汁物)。

止椀合わせ味噌仕立て
豆腐、青葱、なめこ茸

留椀と寿司を一つのコースで提供する。

寿司 (寿司)

 

寿司京鯖棒寿司
白板昆布、がり、土佐醤油

サバは秋から冬にかけてが旬です。この鯖を、ドイツのお客様があまり経験したことのない方法で楽しんでいただくために、京風の棒寿司を用意しました。

鯖の風味を引き立てるために、味噌の香りと風味が強い味噌汁を添えています。

 

  • 棒寿司(白板昆布の京風鯖寿司)
  • 生姜のピクルスと 土佐清水
  • 豆腐とネギとナメコの味噌汁
レストラン「sansaro」の2022年秋の懐石料理「坊ちゃん寿司」の紅葉(アマリアンパサージュより

かんみ(甘味、デザート)

甘味栗羊羹

日本では、チーズケーキやチョコレートケーキなど、ドイツでおなじみのお菓子も日常的に楽しまれています。 

しかし、伝統的なお菓子は「和菓子」と呼ばれ、米や豆などの植物性の材料で作られるのが一般的だ。 

和菓子にはさまざまな種類がありますが、羊羹はその代表的なものです。羊羹は、小豆餡を溶かした寒天で固めたもので、きめが細かく、上品な甘さが自慢です。

秋になると、栗を使った羊羹を楽しみにしている日本人は多い。 この特別な味をお客様に味わっていただくために、日本から取り寄せた栗の甘露煮でリファインしました。

  • 羊羹(栗入り小豆羹)
ドイツの栗とそっくり:日本の栗、クリ

秋の懐石を予約する

今回は、懐石料理のイベントを2日間ご用意しました。

10月19日(水)、20日(木)。

各日とも18:00と20:15から選択可能です。どちらの時間帯も「時間制限」はなく、いつものように閉店の23時頃まで滞在できます。

注目です。 厨房の都合上、お席に限りがございますのでご了承ください。2日に2回あることに惑わされないでください。 両日合わせて約60席 このイベントだけのために

そのため、できるだけ早く予約してください。その後、友人を追加したり、拡張したりすることができます。 ご連絡はお早めに.

予約は拘束力を持ち、無料キャンセルは15.10.22(土)10.00hまで可能です。この期日以降のキャンセルは、スペースを占有できなくなった場合のみ、料金を請求させていただきます。

そしてまた、公開から数時間後には、70%で両日ともすでに予約済みですご信頼いただき、誠にありがとうございます

オンラインで受付ができなくなった場合は、以下からお申し込みください。 お問い合わせフォーム.ウェイティングリストに載せるか、何かできることがあるか確認させていただきます。

また、キャンセル待ちで空席が出ることもありますので、予約リンクにご注目ください。

連絡を取り合いましょう

今回参加できなかった懐石料理イベントにも興味がありますか? 

日本料理に関する他のイベントや、インターネットでは答えられないような特別な質問をしたいですか? 

ぜひ教えてください。 いつでもご意見をお寄せください。

そして、誰が メールマガジン登録 もちろん、また懐石料理イベントが開催される際には、いち早くお知らせします。 日本酒のご試飲 または ウイスキーの試飲 などのイベントがあります。 

また、季節ごとに新しいメニューを考案させていただくことも可能です。

お客様のご来店をお待ちしております!ありがとうございます!sansaroでお会いしましょう

富貴寄弁当 2022年3月24日

熟練の技で作られた日本のお弁当は、まさに小さな食の宝箱。よく言われることですが、ユニークなもののひとつに