札幌市長

目次

札幌市長 - ゲルハルト・ポルトの古いスケッチと思われるもの。 「実生活に近い 80年代から、私たちはとても光栄に思っています。

 

札幌市長がレストラン「sansaro」に来店

ミュンヘンと札幌の姉妹都市提携50周年を記念して、ミュンヘンの札幌市長がディーター・ライター市長に招待され、ノッヘルベルクでバイエルンの総合ランチを楽しみました。 

彼の公務とによると パウンド バイエルン料理が好きで、ミュンヘンの日本食レストランに行く機会を逃したくなかったのだろう。

札幌は1972年以来、ミュンヘンの双子都市である

そこで、私たちのレストランsansaroを選び、秋元克広市長とそのご一行と一緒に試食させていただくことになりました。

私たちのチームはすぐに日本料理への小さな進出を手配し、すでに2品目のコースで 刺身ということをすぐに市長に知らせた。 日本にも負けない の味がする。

海外には、日本食を提供するレストランは数あれど、日本の味を提供するレストランはないように思われるからだ。

私たちは、海外の日本人が、このサイトを見るたびに(当然ながら)非常に懐疑的であることをお伝えすることができます。 日本食を提供しているようなレストランを見て...。

札幌は、海産物の宝庫である北海道の首都です。

しかし、特に刺身を食べた直後の彼の賞賛は、私たちにとってより重みのあるものです。 

北海道民ō は、日本の食の宝庫と言われ、特に魚介類が豊富です。北部の人口が少ない島を流れる冷たい海は、魚介類の品質を保証するものです。だから、彼は自分が何を言っているのか分かっている...。

2006年から2010年にかけての初代シェフ、矢川友里は、ミュンヘンでも数少ない寿司職人であり、北海道の小さな寿司屋で修行した経験もある。

携帯電話によるスナップショット。 ミュンヘンのレストランsansaroで、小さいがとても新鮮な刺身を食べる。

市長の訪問は、私たちにとって特別な栄誉です

特に、日本好きの社長アレクサンダー・ライネルトは、幼い頃からミュンヘンと札幌の親密さを感じていましたので、市長の訪問はありがたいことです。 

ビール、ウィンタースポーツ、1970年代のオリンピックなど、ミュンヘンと札幌を結ぶものはたくさんあるが、北海道の自然は息をのむほど美しい。

日本の文化を生で体験し、温泉のある日本ならではのライフスタイルを楽しむために、私たちはいつかまた、何不自由なく日本を旅することができるようになることを強く願っています。 オモテナシ そして 和食 たのしめる

中央が秋元市長、その隣がSUSHIYAの創始者であるアレクサンダー・ライネルト氏

日本料理へのこだわりへの熱意

最後に、日本の料理や文化を本格的に輸送するための当社の取り組みについて、市長にお話しする機会を得ました。その裏には、双方にとって想像を絶する努力が隠されていることが多いのです。日本人にとって当たり前のこと、伝統や名前からくるものは、まずドイツ人向けに翻訳され、具体的な構造に落とし込まれなければならないことが多いのです。同時に、ドイツ人ゲストの期待や、ドイツのレストランで必要なものは、必ずしも日本人には自動的に理解できないものもある。 

その際、私たちが行っている文化翻訳の仕事を、利き酒カードを使って、お客様に簡単に説明することができました。 日本酒 醸造所名と品種名の間にオリエンテーションを与えるため。 カテゴリー名と、味の特徴や原産地について説明しています。 

日本酒のスペシャリストが、店内で利き酒カードの説明をする sansaro

最後に、柚子の蒸留酒

そして最後に、このようなミュンヘン訪問で外せないのが、やはり両文化の架け橋となる地元の名物料理である。

今回は、このような形で ミュンヘンの蒸留所Cosmic-Spiritsと共同で製造した柚子スピリッツ。 が作ってきた。南ドイツの典型的な蒸留方法で、果実から蒸留酒を製造しています。香り高い柑橘類である日本産の有機ゆずを原酒とし、さらにラズベリー、ブラッドオレンジの蒸留酒を使用しています。 コズミック・スピリッツ.

「もちろん、日本では一般に信じられているほど強いシュナップスやスピリッツを飲むことはない。 日本酒 は、かなりマイルドで香りの良い製品であり、また しょうちゅう は、実はバイエルンやオーストリアのシュナップスほど強くはないのです。

のために、市長は元気で力を発揮されたことと思います。 翌日の町役場への来訪ミュンヘン市のゴールデンブックにサインをしたところ。このたびはご来店いただき、誠にありがとうございました。ありがとうございました!sansaroでお会いしましょう。

残念ながら明確な地霊のぼやけたゴーストイメージしかない
鮨屋 ミュンヘン店の2017年の年越しメニューのグラフィック
2017年の大晦日

2017年の大晦日には、SUSHIYA sansaroでは、特別な和食を使った絶品メニューを3つご用意しています。今すぐ場所を確保しましょう