2022年6月より日本酒テイスティングフライトを開催

目次

もしかして、日本酒は熱燗でないと飲めないと思っているのでしょうか?そのため、暖かい季節に飲むには適さないということですか?もしそうなら、あなたは間違っています。 

暖かい日に飲む冷たい日本酒は最高ですね。

吟醸、大吟醸、純米吟醸、純米大吟醸などの高級酒は、冷やして飲むのが一番美味しいのです。また、日本では、このような名称を抒情的に表現することもあります。 日本酒の推奨温度帯.

sansaroのテラスでは、美しい緑のモミジに囲まれ、まるで日本にいるような雰囲気の中で、夏の一日を過ごすことができます。そこでは日本酒は外せません。 

6月からの「Sake Flight」では、この季節にぴったりの日本酒3種をセレクトしました。

あきたばれ大吟醸 "翠楽天"

からスタートします。 大吟醸秋田醸造の「翠楽天」。

この酒は、まさに名酒だ  一滴一滴、丁寧に......。 袋しぼりと呼ばれる伝統的な手法です。 で、醸造後、さらに2年間、瓶の中で熟成させます。 

ベリー、マンゴー、白ブドウ、花の要素にあふれた生き生きとした香りですが、味わいは驚くほどニュアンス豊かで、控えめながら複雑な味わいです。この酒は、飲むと天国にいるような気分になることから、和名にちなんで英語では「Heaven of Tipsy Delight」とも呼ばれています。

越の寒梅 純米吟醸 "宰"

2本目は、銘醸地・新潟の淡麗辛口を代表する伝説のブランド「越の寒梅」の「彩」です。

この 純米吟醸 は、超フルーティな酒ではなく、透明で洗練された、海塩を思わせるミネラルの香りがする酒です。

この酒の特徴は、うま味、すなわちコクのある味わいと、エレガントなフィネスとの絶妙なバランスである。

鳳陽 純米 "サマーブリーズ"

最後になりますが、私たちは 純米酒 を「Summer Breeze」と名付けました。ライムを思わせる爽やかな香りとジューシーな味わいは、多くの人を魅了することだろう。 

とても飲みやすいお酒で、どちらにも合うお酒です。 懐石-特別な料理にも、シンプルな料理にもよく合います。

いかがでしょうか?どの日本酒が一番好きですか? 皆様のご意見をお待ちしております。

父の日2020年

2020年の母の日が好評だったことと、クリエイティブな仕事を楽しんでいることから