日本酒テイスティング・フライト 2022年2月

目次

長い冬もいよいよ終わりに近づいてきましたね。 

暖かさが時折、小さな風に乗って、太陽の光が少しずつ戻ってきているので、春の訪れを感じていただきたいと思います。 日本酒 私たちと一緒に楽しんでください。この3つは、今回も非常に興味深い酒の プレミアムカテゴリー.

ここで紹介した酒はすべて推奨酒です。 10~15℃に冷却された を提供する。日本酒といえば、昔ながらの小さな盃で飲むものと思っているお客様もいらっしゃるでしょう。

特にプレミアムな日本酒が多い 吟遊詩人 そして 大吟醸しかし、素晴らしい香りを出すために細心の注意を払って醸造しています。

そのため、日本酒のフライトでは必ずノージンググラスを使用し、それぞれのお酒の香りをより感じられるようにしています。

今与司 "純米大吟醸"

最初にご紹介するのは、「今代司 純米大吟醸」です。 

今代司酒造は、上品で軽快な辛口の日本酒で知られる新潟県の小さな町にある酒蔵です。純米酒(米、こうじ、水のみで醸造し、醸造アルコールを添加しない酒)のみの製造にこだわり、米の風味を生かした酒造りを行っている。 

純米大吟醸には、地元で生産された 五百万石の酒米 日本の銘菓を思わせるような優しい甘さが特徴です。

軽くて空気のような質感とすっきりとした後味は、とても気持ちよく飲めます。

軽い前菜によく合うし 寿司 白身魚と海老で

南部美人 "吟遊詩人"

次は、その 吟遊詩人 南部美人」から。

この蔵がある岩手県には、日本三大蔵元の一つである「南部杜氏」があります。

南部鉄器は、その技術と知識を生かしたものづくりで知られています。 北の寒冷地における高品質な日本酒.受賞歴のある南部美人は、「鮮度」を重視している蔵元です。日本酒の鮮度を瓶の中でいかに保つか、常に研究を重ね、商品開発に活かしているのです。

通常、日本酒は二度醗酵させますが、この酒は一度しか醗酵させないので、""醗酵""醗酵""醗酵""という意味です。生中継"(生貯蔵酒)"です。特に新鮮な味わいで、刺身との相性は抜群です。

天吹 純米吟醸 "Strawberry Blossom"

このフライトの最後の酒には、「Strawberry Blossom」という春らしい名前がついています。となっています。 純米吟醸 九州の佐賀県にある天吹酒造の。

日本酒は通常 酵母を使った醸造は、酒母から育てたものです。天吹は、さまざまな花の酵母を使って酒造りを行っている数少ない蔵のひとつです。この 純米吟醸 は、その名の通り、苺の花酵母で醸造しています。

グラスに注いだ瞬間に立ち上るフレッシュな味わいとフルーティで甘い香りをお楽しみください。なぜなら、天吹ストロベリーブロッソミは 生酒(なまざけ)・生原酒(なまざけ).例えば、フレッシュなマンゴーを使った特製巻き寿司「バラット」とのハーモニーをお試しください。

和包丁
和包丁と切れ味 - 切れ味で味わう

2018年3月にデビューする上級寿司コースに合わせて、SUSHIYAブログで和包丁のことや切れ味のことなどをゆるーく取り上げていきます。