柚子 - 日本の柑橘類

日本の食文化は、私たちSUSHIYAがいつもワクワクするような話題をたくさん提供してくれます。ここでは、私たちの好きな話題の一つを簡単にご紹介します。

柚子 - 日本の柑橘類

日本には、私たちの国ではあまり知られていない柑橘類がたくさんあります。日本を訪れたことがある人なら、みかんとみかんを掛け合わせた九州の地名である「みかん」や「薩摩」をご存知でしょう。また、昔ながらの食事では、ピンポン玉くらいの大きさで、ほのかな酸味のある緑色の小さなスダチを見たことがあるかもしれません。通常は小柱だけを料理と一緒に並べることもあります。すだちは一般的にどびん蒸しを盛るときに使われ、例えば、盛るときに蓋の上に乗せて、食卓の人が自分の好みに合わせて繊細なダシに数滴加える。

しかし、スダチと同じく四国の徳島が原産の新鮮なゆずの実を見たことがある人はほとんどいません。

日本人でも柚子を加工したものは、砂糖漬けやジャムなどのスイーツとしてしか知らない人も多いのではないでしょうか。しかし、ほとんどの人が知っているのが、柚子と唐辛子と塩で作ったスパイスペースト「柚子胡椒」です。例えば当店のsansaroでは、スパイスの柚子胡椒をたまに使うのが好きで、それもまた好きです。 季節によっては生の柚子.

柚子の原産地は中国と言われ、韓国料理にもよく出てきますが、早くも7世紀から9世紀にかけて唐の時代に流行しました。柚子(シトラスジュノス)は雑種の柑橘類の植物です。古代柑橘類の植物「伊昌パペダ」と中国産の苦味のあるミカンを交配したものです。柚子はレモンの約3倍のビタミンCが含まれています。

柚子のどこが特別なの?

まず第一に大きさだな通常はレモンよりも大きく、上部と下部がやや平らで、比較的柔らかい手触りです。

柚子の味は格別で、香りも強烈です。酸味はやや抑えられており、わずかに苦味がある。しかし、他のほとんどの柑橘類とは異なり、果汁はほとんど含まれておらず、種も非常に多く含まれています。なので、どちらかというと厚めの皮を使っていることがほとんどです。食用(!)の飾りとしてよく見かける。香りは主に皮に含まれていますが、生の柚子には、西洋で知られる柑橘類とは直接比較にならない特別な香りがあります。皮の薄い黒い斑点は欠陥ではありません。

しかし、柚子の実は食べ物だけではありません。日本では、冬至の夜に柚子を食べる習慣があります。湯治では、寒い冬の夜に柚子を丸ごと入れて湯船につかる習慣があります。心身の健康に役立つと言われています。

このように、日本人(そして日本を知っている人、日本を愛する人)にとって、柚子は縁起の良い、神話的な意味を持っています。

ヨーロッパに行く途中のゆず

一方、ヨーロッパにも進出し、スペイン南部で栽培されています。多くのシェフのキッチンでは、それはそれ以来、最も多様な形で見つけることができます。バーやトニックウォーターとしても販売されているので、ジントニックでも香りを楽しむことができます。
ゆずの収穫時期は例年10月から1月です。最初は緑色で販売されていますが、後には黄色の標本を見つけることができます。機会があれば、緑、黄緑だけでなく、完熟した黄色の変種でも試してみてください。この間に複雑な味の変化があるのは驚きです。

ドイツではまだ生の柚子を買うのは難しいですが、「日本のレモン」と呼ばれるものは、フレーク状、低温殺菌されたジュース、アロマパール、または砂糖漬けなどの形で手に入れることができます。そして、sansaro店では現在、ドリンクメニューの大規模なリニューアルを準備中で、柚子をテーマにした特別な形でも皆様に親しんでいただけるようになっています。

投稿数の増加