総州吹寄弁当 2023年9月5日|SUSHIYA sansaro

総州吹寄弁当 2023年9月5日

目次

9月5日、美味しい日本食の愛好家にとってまたとない機会があります:

松井利一郎シェフが、日本からの賓客を迎える在ミュンヘン日本総領事館のために、再び弁当を考案。

これを機会に、この特別な日本のお弁当を数量限定で夜もご注文いただけるようになりました。

このお弁当はデリバリーかピックアップのみで、9月5日は手の込んだお弁当作りのためレストランはお休みです。

この機会をお見逃しなく。資格のあるシェフが愛情を込めて、上質な食材を使って作るきちんとした日本製のお弁当は、残念ながらミュンヘンでは絶対的な希少価値です! 

日本の典型的な様々な味を発見する小さな旅で、すべて手作りの小さなものが1つの箱に入っています。 

以前の吹寄弁当の様子です:

総州吹寄弁当
「早秋吹き寄せ弁当

料理の説明は左上の区画から始まります。これは弁当の一般的なルールではありません。しかし今回は、厨房チームの自発的な判断で、左側の アッパー が最初です。

壱の枡(いちのます)

鶏肉とピーマン、玉ねぎ、トマトの甘酢炒め
酢鶏
緑パプリカ葱

甘みと酸味のバランスが絶妙な一品で、ラベルルージュの鶏もも肉を使っています。 人気スターター塩からあげ を使用しています。

弐の枡(にのます)

和牛のワイン煮込み
和牛葡萄煮

牛肉には赤ワインがよく合うと言われますが、このシチューには白ワインが使われています。 渋み フルーティーな香りがします。 

で味付けされています。 しょうゆ砂糖と生姜を使った日本風の "しぐれ煮"。

新鮮なほうれん草のだし巻き卵。
菠薐草の出汁巻き玉子

だし巻き玉子とは、だし汁と卵を混ぜて焼いた、ふわふわの玉子焼きです。いつものように オーガニック-卵。ほうれん草とだしの相性をお楽しみください。

ほうれん草入りエッグシュトゥルーデル
ちくわと胡瓜の胡麻和え

竹輪は文字通り竹の輪を意味し、竹のような形に作られたかまぼこです。魚の風味が心地よく、粘りがあって面白い。キュウリとちくわを甘辛いタレとゴマで和えたもの。食事の途中のちょっとしたリフレッシュに。

柚子でマリネしたサーモンのグリル
鮭幽庵焼き

今が旬の秋鮭を香ばしい醤油で軽く焼き上げました。 ゆず.

参の枡(さんのます)

時計回りに進むと、右側に 下げる 名物「吹寄せ弁当」。

日本の揚げ物料理といえば、天ぷらのほかに、パン粉を付けて揚げた「フライ」も弁当の定番として人気がある。天ぷらは、日本では室町時代から食べられており、日本人の身近な食文化の一つである。しかし、日本では揚げ物料理はもともと西洋から入ってきた「洋食」であり、明治時代にパン粉が日本に伝わってから出現したものと考えられている。 

もともと日本には、欧米から伝わったパン粉は、粒の細かいビスケットや乾パンのことだったが、日本人は食パンを砕いて金網で挽いたパン粉を独自に作っていた。日本のパン粉の特徴は、油を使わず軽い食感であることです。

大葉と湯葉を巻いた鰻の唐揚げ
鰻白焼紫蘇湯葉揚げ

脂ぎった うなぎ を蒸して余分な脂を落とし、大葉と湯葉で包みました。こうすることで、中はふんわり、外はパリッと、2つの食感を一度に楽しめます。

海老フライとおせんべい
海老真砂揚げ

海老の表面に小さな煎餅状の餅米をまぶしたパリパリの一品。海老も香ばしい。

舞茸とししとうの天ぷら
舞茸とししとうの天ぷら

去りゆく夏と近づく秋を季節ごとに引き立てる天ぷら:

夏を連想させるシシトウと秋を連想させるマイタケを天ぷらに。

肆の枡(よんのます)

最後に左下のコンパートメント:

太巻き寿司、胡瓜、たくあん、油揚げ、生姜の甘酢漬け、卵液添え
太巻き寿司
胡瓜 たくあん 稲荷揚げ 刻み甘酢 生姜 玉子

具だくさんなのに、あっさりとした味わいがおいしい太巻き。 寿司いくら食べても満腹にならないもの。

にぎり寿司 3つのバリエーション:
クロマグロ、ルー・ド・メール、ホタテガイ
握り寿司
鮪 すずき 帆立貝柱

食事の最後には にぎり寿司 当店の代表的な新鮮な最高品質の食材を使用しています。

小枡(こます)

コールラビときゅうりのピクルス

コールラビの浅漬け 胡瓜の柴漬け

地元の特産品であるコールラビは「漬物」にします。漬物を単に漬物と表現するのは致命的ですが、日本料理には欠かせない食材です。ごちそうさまでした!

松井シェフの指定に従い、私たちのチームがひとつひとつ丁寧にお弁当を組み立てます。

お弁当へのフィードバック

このお弁当にしても、短期間でこれだけの注文が入ったのには正直驚きました。 

結局、このような弁当箱(そうです。 プレオナズム お客様からすれば、メインディッシュが大きくなったようなものです。でも、これが80ユーロもするとなると、お客さんが満足するには相当なものが必要です。もちろん、このような吹寄せ弁当を作るには、たくさんの種類の上質な材料が必要なだけでなく、この品質と味のバラエティーでこのような弁当を作るには、何よりも多くの作業時間が必要であることを理解しているお客様もいらっしゃいます。私たちは弁当という題材をとてもエキサイティングなものだと感じています。そして、今回弁当を手に取ってくださった30名のお客様の信頼と高い評価に特に感謝いたします。以下はその一部です:

 

お客さんは特に味のバラエティーを賞賛し、何か特別なものを試したいと喜びを表しました。 

当然ながら、このような箱では、sansaroの特別なイベントのクオリティを現場で直接実現することはできません。この点で、あるお客様は、料理という点では、私どもの 特別イベント を訪れるでしょう。

あるお客さんは、最初のコンパートメントの甘酸っぱい味に驚いていました。

また、私たちの細部へのこだわりが注目され、評価されたことも大変嬉しく思います。以下、引用です:

  • "握り:どれも絶品、ホタテの変り種は絶品、詩のよう!"

  • 「天ぷら:最高級!とてもきめ細かい衣。サクサクの衣のエビは うなぎまたはきのこ入り"  

  • "成功した美味しいサプライズ:小さなもの、あるものはカリカリ、あるものはサクサク、その正体は食べて初めて明らかになった"

  • "小さな利き酒(3本)は料理にとてもよく合うだけでなく、(残念ながら)もっと飲みたくなります。(...)めちゃくちゃ美味しい抹茶シロップのデザート。夢のようです。"

吹寄せ弁当の注文

弁当は2023年9月5日(火)のみ注文可能です。 

厨房の都合上、数に限りがございます。 

弁当は残念ながら完売してしまいましたが、すでにキャンセル待ちを受け付けています。お願い ニュースレターの購読をクリックすると、特別なイベントやオファーをいち早くお知らせします。ヒント:6.9.23(水)には、まだ自発的な プチおまかせメニュー 異なる内容の限定版。

日本の伝統的な箱に入った弁当をお勧めします。この箱ではナイフとフォークは使用しないでください。繊細な表面は傷つきやすいので、日本の箱は木の箸用に設計されています。再利用可能な箱は速やかにご返却ください。また、日本の美しい使い捨ての紙箱もございます。

大豆吹寄せ弁当とデザートの抹茶プリン 78ユーロ

(へのヒント 日本酒-伴奏は下記参照)

Bentōは、18時から20時の間にお受け取りいただくか、配送を承ります。 ご注意:お客様のご希望時間にかかわらず、いつお届けできるか正確にはわかりません。まず、ロジスティックにツアーを整理し、それからお客様のところに何時に到着するかをお知らせするようにしています。可能であれば、ご指定の時間にお受け取りください!

 

  • お天気の良い日には、テラス席でお弁当を召し上がっていただくこともできます。
  • 12月5日は、お寿司やその他のお料理をお届けすることはできません。
  • もちろん、お揃いの小瓶を購入することもできます。 日本酒 ご自宅やオフィスで、グラスやワイングラスでお弁当と一緒におしゃれに楽しめるワインをお選びください!
  • 例えば、いつもフィットしているのは リハク・ドリーミークラウドの小瓶 或いは リハク放浪の歌人.
  • 新酒を試すこともできます。 久保田 純米大吟醸.
  • 大瓶の日本酒としては 越の寒梅 あまねドイツに輸入されたばかりの新酒です!
 

私たちは、この特別な日を私たちと共有できることを楽しみにしています。 弁当 à la 懐石料理番長 松井

使い捨ての箱でも食欲をそそる弁当
日本の味と文化の発信と共有

SUSHIYAは日本料理と日本文化の発信に情熱を注いでいます。当店では、魅力的な日本料理との出会いやをご提供し、そのままご自宅にお届けすることができます。私たちのホームページ、Facebook、Instragramでは、常にニュースや興味深いトピックへの洞察を提供しています。

タントリス用マグロ

ミュンヘンのレストラン「タントリス」は、ミシュランの星を獲得したドイツで「最も古い」レストランというだけでなく、伝説的なレストランでもあるのだ。より多くの

続きを読む "